メニュー

ピコレーザー(ピコウェイ)

Ⅰ“しみ・そばかす・刺青”などに効果的なピコレーザー

当院では数あるピコレーザーでも、シネロン・キャンデラ社製の“ピコウェイ”を採用しています。
ピコウェイは体表面の深在性、浅在性色素性病変の治療および刺青を目的としたレーザー機器として、厚生労働省の薬事承認やFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けております。

しみ・そばかす・刺青治療では一般的に使用されているQスイッチレーザーの照射時間が“ナノ秒(10億分の1秒)”であるのに対し、ピコレーザーは“ピコ秒(1兆分の1秒)”単位と約1000分の1の照射時間となります。そのため、熱によるダメージが大幅に減少し、レーザー照射中の痛みはもちろん、照射後のかさぶた、炎症性色素沈着などの副反応を最小限に抑えることができます。

Ⅱピコウェイは“切れ味抜群”“多機能”

現時点でピコウェイはピコレーザーの中でも世界最短の照射時間を誇ります。そのため、他のピコレーザーよりピークパワーが高く、世界一の鋭い切れ味ということができます。

ピコレーザー比較

  ピコウェイ(Picoway) ピコシュア(Picosure) エンライトン(Enlighten)
波長
(nm)
1064nm 532nm 755nm 532nm 1064nm 532nm
パルス幅
(ピコ秒)
339 294 550-750 <600 750、 2000
ピークパワー
(ギガワット)
1.19 0.69 0.27-0.36 0.04 0.8 0.4

※パルス幅=照射時間(レーザーが皮膚に当たっている時間)のことです。

→表はスクロールできます。


3つの照射モード(スポット照射、トーニング照射、フラクショナル照射)があり、ご要望に応じて組み合わせて治療することも可能です。
しみ・そばかす・刺青以外にも、肝斑・くすみ・ニキビ跡・毛穴の開き・小じわなどにも効果があり、お肌のコンディションを改善させ、若返り効果(リジュビネーション)を狙うことができます。

ピコウェイ効果表

  しみ 美白 はり
小じ
 毛穴  肌質
改善
くす
にき
にき
び跡
治療
間隔
ダウンタイム
ピコスポット                 3ヶ月 1週間かさぶたができることあり
ピコトーニング       3-4週間 なし
ピコフラクショナル
(532nm)

(浅め)
      1-2日
ピコフラクショナル
(1064nm)
   
(深め)
      1-2日

→表はスクロールできます。

Ⅲ3つの照射モードについて

ⅰスポット照射

一般的なシミ取りに使う照射方法です。気になるシミにスポットで照射します。照射時間が短く、熱がほとんど発生しないため、従来のレーザーより痛みが少なく、ダウンタイムも軽いのが特徴です。照射後、薄くかさぶたができることはあります。Qスイッチレーザーや光治療では難しい薄いしみにも対応しています。

ⅱトーニング照射

低出力で全顔に照射することをトーニング照射といいます。顔全体の色調をトーンアップさせることができます。また、隠れたシミ予備軍の予防治療もすることもできます。

治療イメージ

ⅲフラクショナル照射

ピコレーザーを100個の点状のレーザーに変換し照射します。従来のフラクショナルレーザーは皮膚の表面に小さな穴を開け、物理的なダメージを与えて肌の再生を促す治療ですので、施術中の痛みが強かったり、施術後肌の発赤などのダウンタイムが続いたりするものでした。
一方で、ピコレーザーによるフラクショナル照射は、レーザーの衝撃波により皮膚の中に小さな空洞を作ります。その空洞ができる刺激により、コラーゲンの増生が促され、美白効果やお肌のハリを出す、キメを改善させる、毛穴をひきしめるなど若返り効果を出すことができます。皮膚表面にはキズができないため、従来のフラクショナルレーザーより痛みやダウンタイムが少ないといったメリットがあります。

QA

Q.施術後の痛みはどうですか。

痛みは輪ゴムではじかれるくらいの痛みです。痛みが心配な方は麻酔クリーム(オプション)をつけることもできます。

施術後メイクは可能でしょうか。
当日よりメイク可能ですが、できれば翌日からのメイクをオススメいたします。また、赤みが強く出た場合は、赤みが引いてからのメイクをオススメいたします。

Q.何回くらい施術を受けるとよいでしょうか。

トーニングやフラクショナル照射であれば、1か月毎に3-5回ほど施術を受けることをオススメいたします。
スポット照射に関しては、回数、治療効果に関して個人差がありますが、1,2回ほど受けられると効果を感じることができます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME